大学留年の危機を脱してめでたく卒業証明書をもらい、社会人としての仕事が始まって早数ヵ月。

生活にもゆとりが出てきたから、もっと美容と健康を追求したい!
ということで、話題の水素水を取り入れてみようかなと。

だけどいろんなメーカーからいろんな商品が出ていて、どれを選んだらいいのかわからない!

リーズナブルな方が買いやすいけど、効果を考えるなら高い方がいいのかも?
水素濃度って関係あるの?
味に違いはある?

チョイスの基準は人それぞれですが、
1、水素含有量/効果 2、価格/継続のしやすさ 3、硬度&水源/味
に着目&水素の機密性が高いアルミパウチ限定で、よさそうな水素水をピックアップしてみました!

浸みわたる水素水

浸みわたる水素水

1、2.8ppm(充填時)
2、1パック500ml/294円(30本8,820円)
3、熊本県菊池渓谷、88㎎/L(中軟水) ※水道水で平均60mg/L

・ここをチェック!
日本名水百選に選ばれた名水!
5本の井戸を掘って、もっともミネラルバランスに優れている地下43mの水のみを採取。
定期購入を続けると熊本の名産品がプレゼントされるキャンペーンあり。

水素水 Sarasva(サラスバ)

水素水サラスバ

1、1.4ppm(充填時)
2、1パック500ml/283円(30本8,500円)
3、阿蘇白川水系、78㎎/L(中軟水)

・ここをチェック!
10本で1,980円のおためしパックあり!
硬度78㎎/Lなので、軟水が好みという人には気になる味かも。

SPACEA(スパシア)

水素水スパシア

1、1.4ppm(充填時)
2、1パック550ml/394円(30本11,820円)
3、富山県立山連邦、60㎎/L(中軟水)

・ここをチェック!
1パックあたり550mlと少し多め!なので1ヵ月20本とすれば、費用は7,880円。
定期購入はないので、毎月の購入手続きが必要。
特許を取得した製法で水素が逃げにくい。
ミネラルを含まないペット用水素水もあり!

まとめ

・水素濃度
浸みわたる水素水がバツグンの濃度ですが、開封時濃度は1.2ppmとも…。
Sarasvaの開封時濃度は0.9 ppm、SPACEAは1.06 ppm。
となると、どれを選んでも大きな差はなさそう。

・費用
どれも500mlで300円前後なので、一般的なミネラルウォーターよりも少しお高め。
価格で言うならSarasva 。定期購入で、初回のみ50本/8,500円!
浸みわたる水素水は定期購入で、毎回30%オフ!
継続して飲むなら定期購入がオトクで便利ですが、SPACEAは定期購入サービスがないので面倒に感じるかも。

・味
取水地によって硬度は違っていて、ボルヴィック系の軟水がお好みの人にはSPACEA。
浸みわたる水素水、Sarasvaともに少し硬度が高めですが、エビアン(304㎎/)ほどではありません。

 

いかがでしょう?
水素水選びにおいて、どこにプライオリティを置くかは人それぞれですよね。
自分に合った水素水探しの日々は続きそう・・・。